【能登半島地震・関連】避難所・避難生活の衛生対策の一覧

地震の地域の皆様にお見舞い申しあげます。
一覧の各タイトルをクリックすると、詳細な内容のページをご覧いただけます。
各タイトル下の項目(➀②③)をクリックすると、その項目へジャンプしてご覧いただけます。
※各ページに要点のチラシ版をつくっています。この下にあるのは、チラシ版すべてをまとめたpdfです。ご活用ください。

加湿器とレジオネラ肺炎の予防(チラシ版)

上の画像をクリックすると、チラシ版すべてをまとめたpdfが開き、印刷可能です。ご活用ください。

被災地支援の保健師チーム・公衆衛生チーム等の皆様へ
活動前後・活動中・活動予定などで「避難所・避難生活の衛生対策」についてご質問、ご相談などありましたら遠慮なくお問い合わせください(無料)。

能登半島地震関連の避難所・避難生活の衛生対策に関する情報を継続して発信しています。新しい発信は、お知らせメールやX(旧Twitter:@office_kankan)でご案内していますので、ご希望の方はこちらからお知らせ登録ください。

段ボールベッド(イメージ写真)

元文京区文京保健所・環境衛生監視員で、『災害時・避難所の衛生対策のてびき』著、避難所衛生対策・レジオネラ症対策の研修講師をしている「オフィス環監未来塾」中臣昌広です。

能登半島地震に関連して、「避難所・避難生活の衛生対策」について、これまでの被災地での避難所衛生対策活動の経験を基に、保健所・環境衛生監視員の視点で、継続して書いています。

全国保健所長会全国保健師長会に情報提供しています。

※被災地に保健師チーム・公衆衛生活動チーム派遣の自治体の皆様へ

ビル衛生検査等の建築物・営業施設の環境衛生管理を日常業務とする保健所・環境衛生監視員の同行を強く推奨いたします。

以下のタイトルは、新しい順に並べています。いちばん上が最新の掲載になります。ご活用ください。

■19 【保健師活動】加湿器とレジオネラ肺炎の予防 2/21up

 ①加湿器は4つのタイプ
 ②毎日、新鮮な水道水を容器に入れ換える
 ③週に1回、清掃・消毒を

■18 【保健師活動】避難所での食中毒予防の注意点 2/21up

 ①食品期限の確認と保管場所・温度
 ②食品取扱い専用の場所を確保
 ③調理作業者の健康チェック

■17 【保健師活動】避難所の環境衛生管理アセスメント 2/16up

 ①生活環境の整備(ベッド類、暖房、くつ箱等)
 ②水の衛生(用途別の水質確保)
 ③空気環境(温度、湿度、CO、CO2、粉じん)
 ④トイレの衛生
 ⑤ごみの管理・寝具の管理・ねずみ害虫対策他

■16 【保健師活動】石油ストーブと一酸化炭素の注意点 2/13up

 ①6 ppm超で使用見合わせを
 ②製造20年以上は要注意
 ③天井の低い部屋を優先チェック

■15 【保健師活動】感染症予防のための避難所の換気 2/8up

 ①2時間に1回以上の窓開け
 ②温湿度計の設置
 ③二酸化炭素測定器の設置

■14 【保健師活動】避難所の衛生環境をアップさせる布団干しの方法 2/3up 注目

 ①布団乾燥機を使う
 ②専用部屋で除湿器を使う
 ③晴れた日に車のボンネットに干す

■13 【保健師活動】避難所でのノロウイルス感染症の予防と対処 2/2up 注目

 ➀トイレの清潔
 ②室内履き
 ③食事前の手の拭き取り
 ④ノロウイルス対処セットの用意
 ⑤汚物・吐物への対処

■12 【保健師活動】被災地支援の巡回活動で役立つ持ち物 1/30 up

 ①携帯用メジャー
 ②コンパス(スマホ、方位磁石)
 ③非接触型体温計(赤外線放射温度計)

■11 【保健師活動】ビニールハウス避難の衛生面の注意 1/26 up

 ①古い石油ストーブは要注意
 ②プラスチック製ベッド類の活用
 ③簡易二酸化炭素測定器の設置

■10 【保健師活動】在宅避難の衛生面の注意 1/24 up

 ①古い石油ストーブは要注意
 ②段ボールベッド・仕切りの活用(巡回健康相談で助言を)
 ③トイレ後(排泄物袋に触れた後は手指消毒を)

■9 地震断水時の生活用水と衛生 1/21 up

 ①トイレ掃除用の水(井戸水、工業用水、雨水ほか)
 ②入浴(仮設浴場は補給湯が大切)
 ③洗濯(井戸水利用はすすぎ段階で殺菌を)

■8 感染症予防のための避難所の環境整備 1/14 up

 ①段ボールベッド・段ボール仕切りを使う
 ②食事スペースをつくる(対面に座らない)
 ③土足禁止にする(くつ箱の利用)

■7 低体温症を防ぐ避難所の環境整備

 ①段ボールを使う(間仕切り、床面)
 ②天井の低い部屋・教室を使う(高齢者・乳幼児など)
 ③避難スペースを壁から離す

■6 感染症予防と空気環境の注意点

 ①インフルエンザ(マスク、湿度アップ)
 ②新型コロナ(マスク、最低2時間に1回は換気)
 ③ノロウイルス感染症(手洗い、マスク、トイレ清潔)

■5 石油ストーブの衛生面の注意

 ①20年以上古いものは要注意
 ②最低2時間に1回は換気
 ③ぜんそく・呼吸器系疾患の方はすぐ近くを避ける。マスクの着用を。

■4 車中避難(車中泊)の注意点

 車中泊で一酸化炭素中毒に注意
 止まってエンジンをかけたままにしない場所

 ①ガレージ内
 ②雪の中
 ③閉鎖空間

■3 避難所の衛生(食事、仕切り、水道取扱)

 ①食事(食べ残しは捨てる)
 ②仕切り(段ボールは断熱性がいい)
 ③水道の取り扱い(元栓を閉める)

■2 避難所の衛生(トイレ、手指消毒、土足禁止)

 ①トイレ(清潔、清掃・消毒の実施)
 ②手指消毒(トイレ後・調理前・食事前・外出後ほか)
 ③土足禁止(室内履きをはく)

■1 【注意】冬季の地震停電時の一酸化炭素中毒

 【冬季の地震停電時に一酸化炭素中毒に注意するもの】

 ①発電機(屋内使用はNG)
 ②石油ストーブ、石油ファンヒーター(20年以上古いものは注意)
 ③七輪、練炭、豆炭、木炭(密閉空間ではNG)
 ④車中泊(排ガスに注意)

※ 検索の枠に、キーワードを入力することでも、検索先のページへ行くことができます。

※ 災害時の衛生対策、避難所・避難生活の衛生対策のご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください

能登半島地震関連の避難所・避難生活の衛生対策に関する情報を継続して発信しています。新しい発信は、お知らせメールやX(旧Twitter:@office_kankan)でご案内していますので、ご希望の方はこちらからお知らせ登録ください。

Follow me!