環監のための仕事術【入門】視点・考え方の軸・柱をもつ

【私の視点】
考えていただきたいのは、保健所・環境衛生監視員は、誰のため、何のために働いているかです。
いちばん大切なところです。
その視点・考えの軸、柱をもっていれば、どんな仕事、災害時に相対しても、自分で考え、判断して、行動することができると思います。

第66回生活と環境全国大会・公開講座「災害時・避難所の衛生対策のてびきの解説」

2022(令和4)年10月下旬、千葉県の幕張メッセ国際会議場で開催された第66回生活と環境全国大会で、公開講座「生活衛生行政全般と避難所衛生対策」の講師をつとめました。

35分の講演タイトルは「災害時・避難所の衛生対策のてびきの解説」です。

主な内容は、次のとおりです。

1 いま環境衛生監視員を取り巻く環境を考える

2  避難所・避難生活の衛生対策で環監の日常業務を生かす

3 環監自らが小さな一歩を踏み出そう

詳細な中身は、隔月刊誌『生活と環境』2022年11月号(一般財団法人日本環境衛生センター)の特集「災害時における衛生対策」の「災害時の公衆衛生活動で貢献できる人づくりのために」P31に掲載されています。

【私の視点】

講演のなかで、私は、「てびきの解説で話す知識・スキルの前に、もっと大切なものがあるように思うのです」と言いました。

話をしたのは、公衆浴場等のレジオネラ症対策の現場の出来事です。

実際の講演は、一般財団法人日本環境衛生センターの公開動画をご覧いただけますと幸いです。

登録者対象に期間限定で2022年11月14日(月)~2022年12月23日(金)に公開されるようです。

ここで、考えていただきたいのは、
私たち、保健所・環境衛生監視員は、誰のため、何のために働いているかです。
 
みなさん、もう一度、考えてみてください。

いちばん大切なところです。

その視点・考えの軸、柱をもっていれば、どんな仕事、災害時に相対しても、自分で考え、判断して、行動することができると思います。

【ご案内】

・環監業務の悩み、課題がありましたら、ご相談をお受けしています。

・課題の解決につながる講座をご用意しています。

・保健師の皆様への研修のご相談、避難所の衛生対策活動等のご相談をお受けしています。

月に数回、環監のための、レジオネラ症対策、防災、仕事術、講座情報など、最新情報をメールで真っ先にお届けします。ご希望される場合、こちらにご記入ください。

自治体名(必須)

担当者名(必須)

メールアドレス(必須)

【実績】

・2022年、国立保健医療科学院、令和4年度 住まいと健康研修で「災害時の公衆衛生活動」(オンライン)の講師をつとめました。

・2022年、東京・特別区職員研修所、令和4年度 専門研修「地域保健」(主に保健師対象)で、「災害時の避難所の衛生・感染症対策、保健所・環境衛生監視員の視点から」の講師をつとめました。