環監のためのレジオネラ症対策【入門】温泉の泉質別の消毒方法

【私の視点】
 消毒剤の効果は 理論と実際が異なる場合があります
 本格導入の前に 試験的に使ってみて うまくいくかを確認するのが流れになります

イメージ写真

2022(令和4)年7月中旬、レジオネラ症対策講座/基礎初級編(半日、講義とワークショップ)をオンライン開催しました。

受講者のおひとりから、業務で困っていることが挙がりました。

「温泉の泉質によってpHが変わるので、適正な消毒剤を考えることが難しいです」

私から、次のとおりご回答しました。

<テクニカルな問題で、そこが一番難しいポイントだと思っています。

私が参考にしている資料『温泉水に有効な消毒法の選定と実施例』は、次のものです。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000194770.pdf

私も所属しているNPO入浴施設衛生管理推進協議会の理事の堀川有さんの資料(平成29年度生活衛生関係技術担当者研修会)です>

以上、ご活用ください。

これからも、現場で尽力する環監の皆様を応援していきます。

【私の視点】
 消毒剤の効果は、理論と実際が異なる場合があります。
 本格導入の前に、試験的に使ってみて、うまくいくかを確認するのが流れになります。

【ご案内】

・環監業務の悩み、課題がありましたら、ご相談をお受けしています。

・課題の解決につながる講座をご用意しています。

・環監のための、防災、レジオネラ症対策、仕事術、講座情報など最新情報をメールで真っ先にお届けしますので、ご希望される場合、①所属、②担当者名、③メールアドレスを、「お問い合わせはこちら」までお送りください。